結婚や離婚、友人関係でも別れがあるように、人と人との関係性は一つではありません。もし離れてしまっても「調和の中で成し遂げられた」ということであれば、正しい選択であったと言えるでしょう。最も大切なことは名付けられた関係ではなく、一人一人がそれぞれに自分を愛するようになり、また他人を愛するようになることです。出来事を通じて、自分の魂がどれだけ成長したのかが大切と言えるでしょう。

魂のレベルを上げるための課題は、個人や関係性によって違います。例えば、十人の人を集めて会議を行ったとします。話し合いの後、十人それぞれに「どんな場所で、どんな人たちと、どんな話をしたか」を言ってもらいます。他人と同じことを言う人は一人もいないはずです。これは、一人一人が自分の考えに従って、自分にとっての現実を創造しているからです。自分の現実で自分の経験をし、自分のどの部分を変えなくてはならないのかを発見しています。他にも、兄弟が二人以上いる家族の子どもに両親の印象を聞いたとき、やはりそれぞれ違った印象を持っているそうです。同じ母親であっても、ある子どもは厳しいと言い、ある子どもは優しいと言います。子どもであっても物の見方や感じ方はさまざまであり、別の課題を持っているのです。

人によって違う課題を持っており、正解の形は違います。そのため、「結婚したから幸せになれる」「離婚をしたから不幸になる」といった形式的な答えは出せません。現実は常に変化をし続けており、周りの環境も自分自身も時間と共に違う形に変わっていきます。あくまで自分にとっての正解は何かを探していくことが、スピリチュアルコーチングにおいて大切なこととされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です