温泉の良いところは、自然の力を借りて、入浴者の身心から疲れを取り除いてくれることです。旅館等の温泉を利用すれば、入浴後に地産の料理を堪能することも出来ます。自然から沢山のエネルギーを吸収できるのは、温泉を置いて他にありません。温泉の主効果は、身体からエクトプラズム(悪い気)を排出することですが、メディテーションとも親和性が高いことで知られています。じっくりお湯に浸って身体を温め、料理を堪能した後は、是非メディテーションを試してみてください。メディテーションにも様々な種類がありますが、何かに傷ついたために行う瞑想をお勧めするわけではありません。特に傷ついていなくても、調和が乱れていることはあるので、機会を捉えて調整することが大切なのです。そのためのメディテーションは、主に肉体、幽体、霊体の調和に貢献します。何も考えず、リラックスした姿勢で行う瞑想です。
 瞑想方法について具体的に説明しましょう。まず椅子にきちんと座り、手は膝の上に置いて気分を落ち着けましょう。手と手を組むことが出来ればなお良い姿勢と言えます。身体のエネルギーは循環するのが特徴ですから、両手が離れ離れになっていると、順調に循環しない恐れがあるのです。姿勢を整えたら、今度は呼吸に気を向けます。深呼吸するのですが、吸う時は出来るだけ深く行い、その後静かに吐きます。吐き出す際は、エクトプラズムが排出されるように祈りましょう。深呼吸は数回続ければ、随分と気持ちが安定するものです。深呼吸が終われば、特に難しい作業はありません。ゆったり流れる時間を味わい、楽しみましょう。あまり自分自身に注意を向けず、自然の中に埋没させるのがポイントです。
?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です