占星術はその名の通り、星で占う方法です。地球から見上げた時に、星がどの位置にあるかによって、個人の性格などを判断できる占いです。占星術には様々な種類がありますが、一般的なものは「西洋占星術」と呼ばれるヨーロッパから広まった方法とされているようです。これは、太陽や月、火星や金星などの10個の惑星の位置を確認し、分析をすることでその人を判断します。
占星術を行うには、初めにホロスコープと呼ばれるものを作成します。これは、星の配置図とも言われており、対象者が生まれた時の配置図となります。特別な知識は必要なく、現在ではパソコンを使うことですぐに計算をすることができます。ホロスコープを完成させたら、十二星座と、10個の惑星の位置を確認していきます。人によって、太陽の位置に入っていたり、火星の位置に入っていたりと様々です。考え方としては、太陽の位置に魚座が入っていた場合に「太陽の性質が魚座」というように見ることができます。星座はそれぞれの意味が違っており、例えば牡羊座には「冒険、大胆、リーダー気質、挑戦的」などの意味が込められており、蟹座は「気遣い、保護、安全、思いやり」などの意味があると考えられているそうです。一方、10個の惑星にも意味が込められており、太陽は「支配、尊大、横柄」など、金星は「柔軟、平和、怠惰、ことなかれ主義」などの意味があります。これらを組み合わせることで、大まかな自分の性質を知ることができます。占星術を行う人は、これらのキーワードの組み合わせを確認して、意味を作り上げていきます。分析をする能力、キーワードからその人がどんな人であるのか、意味をしっかり膨らませていく能力が必要と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です