スピリチュアルを取り入れることで、日常生活のストレスから解放され、より充実した日々を過ごすことが出来るようになると考えられています。しかしその素晴らしさを知ったからといって、周りの人を無理に引き入れるような真似は厳に慎むべきと言えるでしょう。人によってはスピリチュアルのような精神世界に抵抗を覚えるのも事実でしょう。そのため、そのような方に参加を無理強いすると、あなた自身の順調な生活を破壊することになりかねません。また、セミナー等で瞑想のような実践法を学んだにもかかわらず、上手にこなせないこともありますが、気にする必要はありません。大事なのは苦しまず、楽に生活を送ることですから、メソッドを理解できないからといって自分を責めたりするのは本末転倒と言えるでしょう。自分に出来ることから試してみればよいのです。誰でも繰り返し練習すれば、いつかは出来るようになるはずです。

 逆にメソッドの実践が上手く機能することで、右往左往してしまうこともあるようです。例えば瞑想を本格的に実践すると、潜在意識が浮かび上がって見えてくる、聞こえてくることがあると言います。その声の正体が幻影だった場合、潜在意識のそれなのかは判断に迷うところです。スピリチュアルの実践において重要なのは、地に足を付けて取り組むことと言えるでしょう。そうすれば、どの声が自分にとって必要な、参考になる声なのかが、自ずと分かるようになるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です