スピリチュアルと言えば、現実離れしており、生活の中で実践することに抵抗を覚える人もいるのではないでしょうか。しかし現実世界を適切に生きることで、日常生活の中で真理と向き合うことは十分可能と考えられます。そして何よりも、スピリチュアルを知ることで、人生を楽にすごすことができるようになるかもしれないという認識も大切なのではないでしょうか。それだけ学ぶ意味があるのがスピリチュアルと言えるでしょう。

 具体例を挙げましょう。スピリチュアルと関わらなかった人の中には、生涯にわたり、自分の感情のコントロールに苦しんだ人が数多存在するのではないでしょうか。しかしスピリチュアルを通して、新しい生き方に気付いた人は、苦労することも無く、マネージメントに成功している例もあるようです。スピリチュアルには瞑想に関する実践法も含まれるので、すぐに役立てることも可能なのかもしれません。また、現実世界に対する認識が変わることで、同じように嫌な経験をしても、それまでのようにストレスに苦しむのではなく、宇宙の一部として素直に受け入れ、流すことが出来るようになったりするようです。この魔法のような対処法が自然と行えるようになるのがスピリチュアルであり、この心の変化というものが、言わば最大のメリットと考えられているようです。

 スピリチュアルの基本的態度は、己を愛することと言われています。自分を愛せる人は、他人を愛せるようになるからかもしれません。自分も他人も、宇宙の真理という同根に繋がっていると考えられているからなのでしょうか。世の中には、自分自身を嫌悪している人が少なくありません。それは謙虚なのではなく、生き方を誤っている場合が多いのかもしれません。自分を愛するとは、ナルシシズムに陥るのではなく、自分を通して宇宙の真理に近付こうとする精神を指します。ですからナルシシズムから生じる行動、例えば他人を見下すような振る舞いは起こらないと言えるでしょう。なぜならば、他人を貶めれば、自分を不幸に陥れるということに繋がると考えられているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です