フラワーエッセンスを用いたセラピーは、花のエネルギーを使用しています。植物などのエネルギーを水に写したもので、大昔から行われてきた自然療法だと言われているそうです。主に飲むことで効果を発揮し、世界中で使用されていると言われています。

その成分は、植物性のグリセリンや、保存するためのアルコール、天然の水で構成されています。エッセンシャルオイルなどの、植物から抽出した成分は一切使われていないそうです。花の持つエネルギーが、人間の心に働きかけることで、心を安定させる効果があるそうです。例えば、不安や恐怖を感じている時、大きな後悔がある時、自信のなさから相手の意見につい従ってしまう時など、心が安定していない時に使うと良いそうです。

使い方はシンプルで、スポイトなどで直接口内に落としてもいいですし、好みの飲み物に入れて飲むでも問題ないそうです。1回に3滴程度を、1日に3回程度、という回数が一般的ですが、物によって回数は違ってくるそうです。味はブランデーや、塩の味がするそうで、保存料に使われているもので多少味は変わってくるそうです。また、飲むだけではなく、希釈してスプレーにして周りに撒くのも良いですし、入浴時に湯船に入れるのも効果があるそうです。とは言え、飲む方が効果はあるそうですので、その辺りのバランスはよく相談した方がいいかもしれません。

フラワーエッセンスは、もしも自分に合っていないものを使用した場合でも、体に悪影響があるわけではありません。薬とは違いますので、副作用などもありません。安心して、自分に合ったものを探せるそうです。子供やペットに使うこともできるので、体に害のない成分と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です