さらに直感を磨いていくと、ヒーラーの役割のひとつ「直感コンサルタント」 としての活躍の可能性が期待できるようになっていきます。 『直感コンサルタント』は、その名前のとおり、直感を使ってクライアントの問題解決の手助けをするスキルです。

クライアントが気づくことのできない問題解決の選択肢を、クライアントとの対話のなかで直感を使って引き出し、具体的に提案します。そうすることで、クライアン卜は自分の見えていない解決策を簡単に選ぶことができます。また、クライアントが自分の未来について不安や恐れを持っている場合にも、直感を使い、未来の可能性を引き出したり、クライアントが未来に対して希望が 持てるような、よりよいサポートができるのです。

一番やさしい直感コンサルティングのステップをお伝えしておきます。身近に悩んでいる人がいたら、ぜひ、 この直感コンサルティングのステップを試してみ ましょう。

・ステップ1 相手の悩みについて状況を聴いてみる

今、何かこまっていることがあるとしたら、どんなことか?解決したいことがあるとしたら、なにか?今の状況が、どうなったらうれしいか?

・ステップ2 直感を使って相手の情報を引き出す

相手について、ふと思ったことを口に出してみる 「ステップ 1」の話を聞いた上で、その相手にとっての最善の策はなにかを自分 に問いかける

ステップ3 相手がどうするのがベストなのかをうながす

相手がどんな行動を起こしたらいいかを具体的にサポートします 「ステップ 2」で話した内容で、すぐに行動を起こせることはなにかを相手に聴きながら、実際に行動に移しているイメージが湧くかどうかを聴いてみる。

実際にヒーラーが使っているこの直感コンサルティングのステップを日常生活のなかで試しながら、さらに、あなたの直感を磨き続けてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です