内なる平和の次元とは、静止状態の1つなのです。「いま、この瞬間」をありのままに、100パーセント受け入れるときはいつでも、あなたは静止しています。あなたは平和の中にいるのです。スピリチュアルヒーリングの効果の結果です。「すきま」「スペース」に意識を向けてみてください。二つの思考のすきまに。会話中の、言葉と言葉のあいだの、ちょっとしたすきまに。ピアノやフルートの、音符と音符のあいだに。呼気と吸気のあいだに。こうして、「すきま」に意識を向けるとき、対象に向ける意識は、純粋な意識そのものに変わります。純粋な意識である、形態のない次元が、あなたの内から現れ、形態による認識に、とって代わられるのです。するとどうでしょう。真の叡智が、静かに活動をはじめます。「静止の空間」。これこそが、創造性が誕生し、問題の解決策が見つかる場所なのです。静止とは、単に音のないこと、空っぽの状態を意識するのではありません。静止とは、叡智そのものです。それは、万物が生まれ来る、形態の奥に横たわる意識です。それがあなたと離ればなれであることなど、あるでしょうか。あなたが「わたし」とみなしている形態を生じさせたもの、あなたの生命を支えているものが、「意識」です。いしきこそが、あらゆる銀河のエッセンスであり、草花の、木々の、鳥たちの、ありとあらゆる形態のエッセンスなのです。静止だけが、この世で唯一、形のないものです。とはいうものの、静止は厳密にいうと「もの」ではありませんし、この世に属するわけでもありません。静止の状態から木々を見つめているとき、あるいは人を見つめているとき、いったい「誰」がそれを、見つめているのでしょうか?