決して、「もうこれ以上思考すべきではない」という意味ではありません。「思考と完全に一体になってしまうこと」、「思考に支配されること」を止めよう、といっているのです。

スピリチュアルヒーリングを通して、内なる身体、「インナーボディ」のエネルギーを感じてください。たちまち思考の雑音は完全に消え去るか、少なくともボリュームダウンしていくはずです。エネルギーをあなたの手に、あなたの足に、あなたの腹部に、あなたの胸に感じてください。あなたという生命を感じてください。あなたの身体を動かしている生命を感じてください。こうすると身体は、ゆれ動く感情と思考の水面下にある、より深い生命の感覚に通じる「ドア」へと変わります。頭の中だけでなく、心と身体すべてで感じることのできる躍動感が、あなたの中に存在します。思考活動のない「在る」状態では、細胞の一つひとつが生き生きと脈打っています。しかも、その状態にいるなら、実質的な目的で思考力が必要とされるときには、思考力は的確に役目を果たします。「本当の自分」という偉大なる叡智が頭脳を活用し、頭脳を通して自己を表現するとき、そのときはじめて、頭脳は美しく機能するのです。「思考していない純粋な意識の状態」という一瞬の出来事を、これまで見過ごしてきたかもしれませんが、あなたもすでに、ごく自然に、人生の中で何度か経験しているはずです。そのときあなたは、単純作業をしていたかもしれません。部屋の中を歩いていたか、空港のカウンターで順番待ちをしていたかもしれません。それがなんにせよ、そのときには、完全に「いまに在った」ために、普段の思考の雑音は止まり、純粋な意識にとってかわられたのです。