ただ青空をポカンと見上げていたか、頭の声がコメントすることなしに、誰かの話に耳を傾けていたのかもしれません。そのときあなたの知覚は、思考の曇らされることなく、クリスタルのように明晰になります。思考にとって、こうしたことは、なんの価値もありません。なぜなら、思考にとっては、考えるべきもっと重大なことがあるからです。しかも、「思考していない純粋な意識の状態」は、さほど印象にも残りません。それが、この状態がこれまで看過されてきた理由です。これこそが、あなたの人生で起こりうる、もっとも重要な出来事です。それは、思考の意識から、「いまに在る」意識へのシフトです。「知らないでいること」に心地よさを覚えてください。そうすることによって、思考を超越することができます。なぜなら、思考は常に結論を出そう、解釈しようとしたがるからです。「知らないこと」を恐れているのです。つまり、知らないでいることに心地よさが感じられるようになったら、それは思考を超越した証拠。すると、観念的でない、より「深遠な知」が、その状態から生まれてきます。芸術、スポーツ、ダンス、教育、カウンセリングなど、どのような分野をマスターするにしても、思考力はまったく関与していないか、あるいは、関与していたとしても、副次的なものに過ぎません。あなたより偉大であると同時に、あなたと本質的に一つであるパワーと叡智の結集がすべてを成し遂げるのです。そこには、決断を下すというプロセスは存在しません。「あなた」が行動しているわけではなく、適切な行動が「自動的に」なされるのです。「人生をマスターすること」は、「人生をコントロールすること」と、対極に位置します。