スピリチュアルコーチングを通して、自分の心にある本当の自分を探してみましょう。木々を、草花をみつめてごらんなさい。自然と心を一つにするのです。いかにそれらがじっと静止しているか、いかにそれらが「大いなる存在」にしっかりと根をはっているか、じっと静止する術を、自然から学ぶのです。植物を観察して、それが静止していると感じることができるなら、あなた自身も自然に静止するようになります。あなたは、とても深いレベルで、植物と1つになったのです。じっと動かずに、なにかを観察することによって、対象と1つになったと感じます。自分が万物と1つになったと感じること、それが、本当の「愛」なのです。物理的な静けさは、たしかに静止の次元にいたるのを助けるでしょう。けれども、それは静止の次元にいたるための絶対条件ではありません。騒音があるときでさえ、騒音の奥にある、騒音が生まれる場所に、静寂を感じることができます。その場所が、内なる「純粋な意識」の場所なのです。

あなたは、五感とあらゆる思考の奥に横たわる、純粋な意識に気づくことができます。意識に気づくとき、内なる静寂が表層に現れます。あなたは静寂があることに気づいています。でも、決して静寂について考えているわけではありません。「いま、この瞬間」をありのままに、100パーセント受け入れるときはいつでも、あなたは静止しています。あなたは平和の中にいるのです。わずらわしい騒音でさえ、静けさと同じだけ役立つことがあります。どんなふうにして?騒音に対する「心の抵抗」を手放すことによって、騒音をありのまま受け入れることによって。あなたを、内なる平和の次元へと導いてくれます。